10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~本編3~大和さんのフリー小説頂いてきました!!

大和さんの<風と花びら~妖怪奇譚~>から頂いてきた年末年始フリー小説

3作目です! →1作目 2作目

 ↓



12/31(12/30)

月の猫 ~ある風景~

 見上げると、凛とした星が天上一面を鮮やかに飾っていた。冬の空は空気が澄んで、遠くまでも透明に見える。星が落ちた。流星である。闇(くら)い天幕を裂く光の道が猫娘の双眸に反射した。
 ほう、と、息を吐く。白い息は清らかに丸く浮かび、凍りつく程の冷たい空気に消えていく。吐いた息で猫娘は自分の手を温めた。手袋をしているが冷たさが指先にまで痺れを生む。厚手のタイツとブーツを履いているが、やはり足下からも冷気が上がり、猫娘は時々足踏みもした。
 「寒いなぁ」
 呟く。猫娘の背後は妖怪長屋である。寒いのなら中に入って暖をとればいいのに。と、自分の行動に可笑しみを感じているが、彼女は中に入ろうとは思わなかった。
 「早く来ないかな」
 待っているのである。
 大晦日の夜、今年の終わりを長屋の仲間たちと共に過ごし、新年を一緒に迎えようと話した。その時答えてくれた彼の顔は今でも鮮明に浮かべる事が出来る。
 最初、きょとんと目を丸くした。そして、猫娘が楽しげに話しかけるのを聞きながら、次第に興味を持って目を細めてくれた。

 ――「分かった。必ず行くから」

 そう言ってくれた。
 「鬼太郎……」
 猫娘はさっきと同じように自分の手に息を吹きかけた。
 雪が降るのではないかと思えるほどの冷たい外で、猫娘は鬼太郎が来るのを今か今かと心待ちにしていた。




 身体が冷えているのだろう。猫娘は身震いの後、くしゃみをした。
 「風邪引くぜぇ」
 猫娘の背後から労わりの声が届き、そして、ふわりと背中が温かくなった。驚く猫娘の肩に、綿入れ袢天が羽織られていた。
 「あ、蒼さん」
 振り仰ぐとそこには兄のように慕う蒼坊主が居た。
 大晦日の夜、壊滅的な方向音痴の彼が奇跡的に横丁へ戻って来たのだ。封印の旅も取り合えずの“仕事収め”をし、年越しを皆と一緒に過ごすのだという。
 その蒼坊主が猫娘の身を案じて掛けてくれたのだ。
 「女の子は身体を冷やしちゃいけねぇんだろ?」
 「あはっ。有難う蒼さん」
 「どういたしまして」
 にやりと蒼坊主は笑み、猫娘の隣に立った。
 横丁は夜闇を照らす星月の明りに照らされ、向かいの建物の瓦屋根までが淡く浮き上がって見えた。屋根だけではない。窓も、壁も、街灯も、地面に至るまで幽(ほの)かな青白い光に包まれて浮かんで見えた。猫娘の皓(しろ)い頬も、髪のひと筋、リボンの端も、月光を孕み、輝いていた。
 その横顔は妙に大人びて見える。
 ――別嬪さんになったもんだ。
 蒼坊主は猫娘の成長に只々感心した。女の子はちょっと見ない間にどんどん変わっていく、綺麗になっていくんだと少々オッサンじみた感想を抱く。ほうと吐く白い息すら艶やかに見える。
 

 さながら、月の猫。


 「へへ。言いえて妙だな」
 「ん? 何? 何か言った?」
 「否、わりぃわりぃ。独り言だ、気にしないでくれ」
 思わず呟いてしまった独り言に、蒼坊主は苦笑した。
 「変な蒼さん」
 猫娘はそう言って、肩を竦めて笑った。そして、袢天の襟をしっかり掴み、空を見た。
 「――鬼太郎、遅いね」
 「そうだな。……でも事件なんだから仕方ねぇさ」
 「うん……」
 猫娘は俯いた。「只……この年末だっていうのに事件だなんて、何だか今年一年の終りがあまり良くない感じがして……」
 「う~ん。そうだなぁ」
 蒼坊主はポリポリと不精髭の生えた顎を掻きながら思案した。
 「だからと言って、出掛けないのは鬼太郎らしくねぇわな」
 「それは……そうだけ、ど……」
 猫娘は鬼太郎の正義を否定している訳ではない。こちらの都合を考慮した事件なんてものは存在しないのだ。それは他ならぬ猫娘自身が一番よく理解している筈。

 ――今の彼女の不満は、只ひとつ。鬼太郎の身を案じての事。

 いつもなら 事件が起きれば彼女も一緒について行く。鬼太郎のパートナー的な役割を充分担って傍に居る。しかし、今日は留守番をしているのだ。鬼太郎の力を信じていない訳ではないが、大切な存在である分、心配が付きまとう。――蒼坊主も猫娘のそんな心の機微を理解出来る器量は持っている。
 蒼坊主の手が、ふわりと浮いた。
 「猫ちゃんはホント優しい子だよなぁ」
 ニッと笑む。そして、いきなり猫娘の髪をわしゃわしゃ掻き乱した。
 「にゃっ!?」
 猫娘は頭を下げて蒼坊主の手から逃れようとしたが、武骨で鬼太郎のより大きな手は簡単に離れない。
 「こんなに優しくていい子は、あいつには勿体ねぇぜ」
 からからと笑う。真冬の凍る夜闇の中、いきなりお日様が現れたような陽気な声だった。
 「猫ちゃんの心配も良く分かるがな、あいつは強い。今までだってどんな逆境も必ず乗り越えてきたし、ひとりでだって戦ってきた」
 「だから……」
 「そうだな。猫ちゃんはそれを気にしてんだったな。――俺はあいつを小さな頃からよく知っている。誰にも心を開かなかった昔から、ずっと」
 猫娘の咽喉がこくんと鳴った。
 「……あの頃は甘える術も安らげる場所も奴には無くて、殺伐とした目をしていたが、今は違う」
 はっきりと言い切った。


 蒼坊主は自分の言葉の毅(つよ)さを猫娘に向けた。真っ直ぐに大きく目を見開いてこちらを見ている猫娘を見返した。


 「今は、奴には“帰る場所”がある。安らげる空間や甘えられるひとが居る。それに……」
 温かく太い指が、ちょんと猫娘の額を軽く突いた。
 「こうして案じてくれる大切な子も出来た」

 「蒼さん……」
 「だから、奴は帰る場所が出来た分、負ける事は決してねぇんだ。帰る場所は守りたい場所だ」
 仲間を。
 この慎ましやかな平和を。
 そして、この娘を。
 奴は何が何でも守ろうとするだろう。
 真摯な目で、星をいっぱい瞳に集めた真っ直ぐな目で己を見つめる猫娘に、蒼坊主はそう思わずにはいられなかった。


 「――さ。そろそろ戻ろうぜ。俺、婆さんに猫ちゃん呼んで来いって言われてたんだ」
 器用に片目を瞑り、蒼坊主が言った。
 猫娘は頷いた。
 この、懐の深い渾大(こんだい)なひとが鬼太郎のお兄さん的存在であって、また、自分にとっても親しみ深いひとであって本当に良かったと、猫娘は心から思った。
 「うん。……でも、もう少しだけ待ってる。あと少しだけ、いいでしょ?」
 甘えるような猫娘のおねだりに、蒼坊主は肩を竦めた。
 「しゃーねぇなぁ。あともう少しだけだぜ? 早く中に入らないと婆さんたちが五月蝿いからな」
 「うん。有難う」 
 猫娘が愛らしく笑んだ。外気温の低さに頬に目許、鼻頭、耳朶が真っ赤になっている。蒼坊主はもう一度猫娘の髪をくしゃっと乱し、長屋に戻って行った。――振り向いた時。
 
 夜の光に照らされた黝(あおぐろ)さの中、少しだけ俯く猫娘の長い睫が蒼い翳をつくり、清らかな月光が欠片のように降り注いでいたのを見た。
 天上からひとひらの雪が舞い落ち、彼女を包み始めた。

 月の猫とはよく言ったものだ。猫の目は光の量によって大きさの変化する瞳を持つ。それが月の満ち欠けに擬(なぞら)える事はよくある話だ。そして、月は我ら陰の眷族においても象徴である。
 されば、今ここで静かな容で立っている少女こそ、月に尤も近しい――愛されている存在なのではないか。
 彼女は“猫娘”なのだから。

 この月の猫は、天の月よりも地の彼を望んでいる。
 全く敵わない話だと思う。そう思った後、何故に、誰に敵わないのかと自分の思考に可笑しみを感じ、蒼坊主は自分自身に鼻哂した。

<fin>

Secre

プロフィール

runrun

Author:runrun
ノーマルカップリング大好物のオタク。
Q.E.D.~証明終了~(燈可奈)と鬼太郎を主軸に、好きな漫画やアニメ等のらくがきを描き散らしてます。
リンクについては、各リンク部屋をご覧下さい。

最近の記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。